不動産担保ローンの返済が不履行になった場合

不動産担保ローンで、仮に債務不履行になった場合、担保物件の差し押さえなどは即日に強行されるのでしょうか。

一般論を例にお話ししておきます。

◎融資元からの連絡を無視しない。

不動産担保ローンの返済が不履行の状態に陥った場合、どのような状態になるかというと、まず融資を受けた金融機関からはがきが届き、そこに書かれている督促内容に従わない場合は担当者から電話連絡が入ります。

その電話が不通になっていると、金融機関の顧問弁護士などから、通知が届きます。

その段階ででも話し合いに応じるなどの対応をすれば、担保権の行使などは先送りされます。

そこで無視をすれば競売に向けての手続きが確定します。

◎競売までにはステップがある。

上記のように、不動産担保ローンの返済不履行があっても競売までには多少の猶予はあります。

大事なことは、不履行に陥る前の段階で何らかの対策を講じることです。

弁護士事務所では無料相談などにも応じていますので、早い時期に相談に行ってみましょう。

任意売却といって、売り主の言い値で売却価格を決め、不動産を売却することもできます。

返済不能なのに手段も講じずに粘ったり先送りしたりするのは事態を悪化させるだけです。

▼首都圏での競売の現状//首都圏で1千万円以下の戸建住宅が続出、新築も投げ売りで1千万円台の価格破壊

◎不動産担保ローンであれ住宅ローンであれ、債務不履行になるのは見通せるはずです。

早めに手を打ちましょう。

返済不履行になるのは本人がいちばん分かっているはずです。

できれば不動産担保ローンなどで借金を増やす前に、資産の売却や処分を考えるのが賢明な策です。

収入の見通しがつかなくなった時点で危険水域に達していると自覚しましょう。