不動産担保ローンの返済を少なく済ませる方法はある?

不動産担保ローンは、融資を受けてしまえば後は出し入れ自由のキャッシュカードに化けます。

返済シミュレーションとは関係なく、無駄遣いをなくすように心がけるのが第一です。

◎審査基準・査定基準の甘さに油断しないことが大事。

不動産担保ローンは銀行のほか、消費者金融を含む金融系の機関であれば手軽に融資を受けることができます。

とくに銀行以外の機関では融資のための不動産査定もかなり緩く、不動産の権利書などをファックスなどで送信すると、来店なしで融資が受けられるようになっています。

査定が通ればカードが送られてきて、あとは期限なしで出し入れ自由のキャッシングカードとなります。

そこが落とし穴です。

結論から言ってしまえば、カードから引き出す額を最小化するしかありません。

◎返済シミュレーションの問題ではないという認識で。

返済シミュレーションでいくら確認しても、現実の貸出金利からは逃れられません。

使った額には金利が付くので、使わないようにするしかないのです。

たとえば不動産担保ローンでは、融資額1000~3000万円などという巨額な融資枠も多数あります。

借りて使ってしまえば金利は小さくても返済期間は長期化するだけです。

いずれは金利に押しつぶされて返済不履行になるのが目に見えています。

◎返済シミュレーションをみて驚く前に、不動産担保ローンの使い道を精査しましょう。

無駄遣いをなくす以外に安全策はありません。

どんなに考えても、不動産担保ローンで借りたお金は返す以外にありません。

貸出金利の安い不動産担保ローンを探したところで、大差はないと言えるでしょう。

融資を受ければ気が大きくなり無駄遣いが増えます。

必要最低限の使用に留められるかどうかが、明暗の分かれ道になります。